188698040_16feacc18d

先日、メールによるお問い合わせで、居住認証についてご質問をいただきました。

海外の口座を所有していたが、今回解約することになった。

住所変更をしたので、新住所の証明のため、運転免許証と健康保険証の英訳を認証できますか?というお問い合わせでした。

もちろん、承ります。

運転免許証の表裏(住所変更すると裏書きされますよね)を英訳し、そのコピーと英訳文が正しいという認証をします。

健康保険証も同様です。

業務の流れと費用は、下記のとおりとなります。

 

流れ

証明書のデータをメール添付でお送りいただき

英訳、認証書類作成

お客様にお渡し、もしくはご郵送

 

提出先の機関より、指定されたフォーム、説明書等がありましたら、こちらもデータをお送りいただきます。

金融機関などでは、指定したフォームで書類作成しないと突っ返される可能性があるためです。

作成期間は、データをお送りいただいてから3日~1週間となります。

お客様に日本大通りの事務所か横浜駅周辺にお越しいただき、お目にかかって認証書類を手渡しするようにしています。

 

費用

認証1件目→3000円

認証2件目→2000円

英訳2通(証明書表裏)→5000円×2=10000円

合計で15000円+税=16200円となります。

 

費用は書類をお渡しする際に現金でお支払いいただきます。

お目にかかる日程が調整できない場合は、郵送でのお届けもできますので、ご指示ください。

この場合は送料(レターパック360円)が別途加わり、費用を先にお振込みいただいてからの着手となります。

 

昨今の円安で、所有していた海外資産を、いったん手じまいする方もいらっしゃると思います。

金融機関によっては、レター1枚で口座解約できるところもあり、こちらのレター作成のお手伝いも承りますので、お気軽にお問合せください。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone