海外進出、ビザ、書類認証、薬事申請のご相談なら
お問合せはお気軽にどうぞ

業務サービス関連

ホーム>投稿>業務サービス関連

【ユーザー目線】APECビジネストラベルカードがアプリになります!

外務省HPより引用 バーチャルABTC この4月1日以降、APECビジネストラベルカードは、ついにモバイルアプリになるそうです。

【フィリピン不動産】行政書士は見た!富裕層の海外投資

5~6年前の億り人ブームでは、FX投資家。 その後はスタートアップのエグジット組(業種は様々で、必ずしもIT関係とは限らなかったです)。 直近では、オンラインサロンやYouTubeチャンネルの運営を海外展開する方がいらっしゃり、時代の移り変わりを感じます。 富裕層というと、オーナー社長やお医者様、有名企業の偉い方などが思い浮かぶかもしれません。 でも、私が業務を通じて接する富裕層は、必ずしもそんな肩書きの方だけではありませんでした。

【APECビジネストラベルカード】朗報!ベトナムが承認審査を再開

待ちに待った、ベトナムの承認審査が再開! 当事務所のお客様も、一度に10数名以上の方がすでに承認されています。 中には2019年のコロナ前から申請している方もあり、 「このままではパスポートの期限が先に切れてしまうのでは…」 と、心配していたものです。

【APECビジネストラベルカード】ついにチャンスが訪れた!韓国入国体験記

Image by tragrpx from

【APECビジネストラベルカード】【出入国情報あり】この2年半で何が?韓国入国要件の今

6月29日、東京・羽田空港とソウル・金浦空港間の運航便が、2年4か月ぶりに再開されました。 コロナ前には一日3往復もしていたこの路線の復活に、いよいよ韓国に行けるようになったか!と個人的には嬉しいです。 観光だけでなくビジネス需要も多かった路線ですから、両国の経済回復にも貢献してくれることでしょう。 しかし、報道で多くの人が驚いたと思いますが、東京の韓国大使館の前には、ビザを求める長い行列ができました。 韓国旅行には行きたいけど、大変そう。。

【APECビジネストラベルカード】2年越し!ベトナムの審査再開とアプリになったABTC

このたび外務省から、嬉しいお知らせが舞い込んできました! ベトナムの移民局が、APECビジネストラベルカードの承認審査再開を正式に連絡してきたそうです。 ベトナム移民局の発表 審査の再開は、移民局のニュースにも掲載されていました(2022年3月23日付)。

【APECビジネストラベルカード】祝!ベトナムは入国規制を緩和、日本は周回遅れ?

Asia-Pacific Economic Cooperationより引用

【外国人雇用】外国人の新規入国が再開!ERFSの受付済証の簡単取得をご案内します。

    2022年3月1日、外国人の新規入国ができるようになりました。 海外で待機している外国人の方々は、わかっているだけで40万人もいらっしゃるそうです。 現時点では1日上限5,000名までしか入国できないため、全員の方が晴れて日本に来られるのは、ずいぶん先になってしまいそうです。

住民票抜いても逃げられない!グローバル富裕層のための、知らないと大損する「出国税」の話

2021年が終わろうとしています。今年はどんな年でしたでしょうか? 今年も一部の人を除き、海外渡航は自由にできませんでしたね。。 そんな、今となっては懐かしい海外渡航ですが、日本から転出するときに課される「出国税」のことはご存知でしょうか? いわゆる「出国税」は2種類 一つは国際観光旅客税(1,000円)で、日本の空港を出発する際に国籍関係なく課されるもので、2019年1月7日~導入された制度です。

【外国人雇用】水際対策の緩和、評判の悪い事前審査についてお教えします

新たな水際対策が発表されてから、2週間超が経ちました。 お客様から「早速事前審査の申請しました!」というご報告をいただくようになりました。 当初は電話で問い合わせをするしかなかったのですが、各省庁も申請方法やQ&AをHPに載せてくるなど、情報を公表してくれるようになりました。 当事務所で独自に確認したり、行政書士の横のつながりから得た事前審査に関する情報を、ご提供します。 残念ながらこの制度は、事業者からも業所管省庁からもひどく評判が悪いようです。