沖縄とタイで、つけ麺の「大勝軒」を展開する飯田敦志さん。

前回は、一流企業のサラリーマンからラーメン屋さんに転向、海外進出を果たすまでをお伺いしました。

 

今後の展望

昨年、タイで2軒めとなる大勝軒チェンマイ店がオープン、子供の頃からの「好きを仕事にする」が実現して、今後の展望を聞いてみました。

「カッコよく言うんであれば、新店舗展開よりも、既存店のクオリティアップに重点を置きたい」

のだそうです。

 

実際飯田さんは、沖縄店オープンの後も東京に来るたびに新しいラーメン屋さんを食べ歩き、味の流行を確認しています

「好きだからできる」とは言いますが、向上心が続くところがすごいです。

 

先日、ミャンマー(ヤンゴン周辺)を旅行してきましたが、日本の飲食店の市場としてはまだ早いと感じたそうです。

タイの大勝軒では顧客の7割がタイ人だが、ミャンマーでは、地元の人が日本式のラーメンを日常的に食べる感じには、まだなっていないとか。

また、日本式のラーメンチェーンがあったので食べてみたところ、バンコクに出ている同チェーンのお店と味が違ったことから、ミャンマーでは材料の調達に問題があって、出せる味に限界があるとみているそうです。

 

実は飯田さん、ミャンマー進出も視野にあったのかな?

ミャンマーを考えている人には、こういう分析は、飲食店でなくても参考になりますね。

 

これから海外進出をしたい人にアドバイス

最後に、これから海外進出をしたい人にアドバイスがあれば、との問いには、

自分は本当に運が良かっただけ、と繰り返します。

 

とはいえ、

手帳にタイでラーメン屋をやりたいと書いていたら、実現した。

本当に好きなら調べるし、行動する。

若い人が、いつかはニューヨークでラーメン屋をやりたいと言うのを聞くが、ニューヨークに行ったことがなくてはできない。

希望を持つのは自由だけど、口だけでは実現できない。

とのこと。

 

おぉ、日本人の決断の遅さを揶揄する「NATO」そのものズバリです。

No Action Talk Only、NATOではダメだってことですね。

 

私見でもう少しまとめさせてもらいます。

成功へ導く行動

① 準備、計画

サラリーマン時代の金銭的、知識的な貯蓄があるから思い切った行動がとれて、時間もかけられます。

そして目標は、好きなことを設定。

 

② 調査、分析、決断は迅速に

調査、分析も緻密にやり過ぎると、調査分析自体が目的になってしまいますから、必要なところを押さえれば自己流でもOK。

思い立ったら出かけていって必ず自分の目で見て決断しておけば、軌道修正が早くできます。

 

③ 慎重さ

結果を出すことに焦らないところも特徴。

サラリーマン退職からバンコク出店まで、足かけ10年くらいかかっています。

そして習慣としては、

  • 読むこと
  • 好奇心を持つこと
  • 好きなことにこだわる

などでしょうか。

 

ここで飯田さんの、子供時代のエピソードをもう一つ。

飯田さんの旅行好きは筋金入りで、小学生の頃から自分で計画を立てては、一人でバスや電車を乗り継いで出かけていたそうです。

好奇心旺盛な、自立した子供だったのですね。

 

成功には人柄も影響します。

いつもにこやかな人には、何か一緒にやろうという声もかけやすいし、良い情報を教えたくなりますよね。

 

飯田さんは、お店のタイ人従業員に

「この職場を利用して、1日1語ずつでも日本語を覚えれば、チャンスが広がる。日系企業の現地マネージャーになれる」

と励ましているそうです。

 

下からも上からも慕われる人柄に、理系にとどまらないマルチな才能

タイや沖縄にお出かけの際は、飯田さんの「大勝軒」をぜひご訪問下さい!

 

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone