海外進出、ビザ、書類認証、薬事申請のご相談なら
お問合せはお気軽にどうぞ
TEL 045-451-0008

【MM2H】申請要件が変わった!定期預金が3倍に?

前回の記事に続き、MM2Hの申請要件変更の件です。 4月20日(金)付けMM2Hセンターからのアナウンスメントについてはこちら↓ MM2Hの承認数は減っている?

By |2019-10-12T02:25:06+09:002018/04/21|Categories: MM2H, ビザ情報, マレーシア|

【MM2H】申請要件が変わった!変更はまだ続く?

マレーシアのリタイヤメントビザMM2Hの申請要件に、いろいろと変更が あるようです。 以前から定期預金額の引き上げは噂されていましたが、今回お客様のお問い合わせに際して調べたところ、正式なアナウンスはされてはいないものの、2018年3月18日にクアラルンプールのBritish High Comission(英国大使館)で開催されたMM2Hカンファレンスにおける情報がありました。

By |2019-10-12T02:25:07+09:002018/04/20|Categories: MM2H, ビザ情報, マレーシア|

【MM2H】個人申請の収入証明で定期預金が不要?リタイヤ後の事例

  登録ロングステイアドバイザーの横山です。 2013年にジョホールバルの日系企業で、MM2H申請サポートを担当していました。 マレーシアに行く前と帰国後、行政書士としての業務は個人申請のお手伝いがほとんどです。 個人申請とエージェント申請は、保証人の有る無しや政府とのやりとりが生じた場合に間に入ってくれる点が違うくらいで、ビザ取得の要件に違いはなく、有利とか不利もありません(サバ州は除く)。

By |2019-10-12T02:25:10+09:002015/10/23|Categories: MM2H, お客様事例, マレーシア|Tags: |

【MM2H】個人申請における資産証明

マレーシア国外に所有する流動資産の証明 収入の証明と同様、MM2H申請は資産証明もわかりづらい部分です。 資産と言ってもどこまでを指すのか、どんな証明書を準備したら良いのか。。。 資産証明では、マレーシア国外に所有する流動資産を示すのですが、銀行預金以外では加算できるものとできないものがあります。  

【MM2H】個人申請における収入証明③ーリタイヤ後の事例

マレーシアには魅力がいっぱいです。一年中温暖な気候と、穏やかな国民性、多様な文化。。。 リタイヤ後はMM2Hをとってマレーシアに住みたい! しかし昨今MM2Hの審査が厳しくなり、年金受給者の申請でも月1万リンギの収入を求められるようになりました。   リタイヤ後の事例

【MM2H】個人申請における収入の証明②ー自営業の事例 

MM2H申請の財務関連書類は、ザックリ言うと、マレーシア政府に経済的にお世話をかけないことを証明するために提出します。 しかし提出先はマレーシア、日本語で書かれた日本の書類はそのままでは受理してもらえません。 英訳するのはもちろんですが、言語も文化も異なる外国の役人に理解してもらうため、多少の配慮をすると、審査がスムーズに運ぶでしょう。   自営業の例-1

【MM2H】個人申請における収入の証明①

MM2Hの財務書類 MM2H申請の提出書類のうち、一番ご質問が多いのが財務書類についてです。 まず、疑問。 MM2Hはリタイヤメントビザ。申請になぜお金の証明が必要なのでしょうか? マレーシアは、国土33万平方キロメートル(日本の9割)に対し、人口は2,933万人と日本の16%程度。

By |2019-10-12T02:25:13+09:002014/11/11|Categories: MM2H, ビザ情報, マレーシア, 海外情報, 海外進出|

【MM2H】ペットの輸入ーシンガポール経由でマレーシアへ

ペットをシンガポール経由でマレーシアへ 「MM2Hをとってマレーシアに滞在するならペットも一緒に連れて行きたい」という方はたくさんいらっしゃると思います。 今回は、日本→シンガポール→ジョホールバルの経路でワンちゃんを運んだときのお話をしますね。  

By |2019-10-12T02:25:13+09:002014/11/02|Categories: MM2H, お客様事例, マレーシア, 海外情報, 海外進出|

【MM2H】定期預金ー10の指定銀行

2014年10月1日よりMM2Hの定期預金を預ける銀行が限定 2014年10月1日よりMM2Hの定期預金を預ける銀行が限定されることになりました。 プログラム参加者が定期預金を預けられるのは、下記の10銀行だけということです。  

By |2019-10-12T02:25:13+09:002014/10/01|Categories: MM2H, マレーシア, 業務サービス関連, 海外情報|