セキュリティソフトを使っていても、宣伝のメールが来ることってなかなか避けられないですよね。

私にも身に覚えのない海外からのメールが来ることがあります。

 

しかし、宣伝メールだと思い込み、タイトルだけでスルーするのも危険です。

8034450098_03eb479987

 

一見宣伝メールに見えるロシアからのメール

ある日、私のアドレスに、

Роман Начаркинという人から
To whom it may concern =関係者各位

というメールが。

 

Роман Начаркинって誰?

タイトルも宣伝メールっぽいので、開封も削除もせず、スルーしました。

 

一方で、事務所メンバーから

「昨日、横山さんに外国人から電話があった」

と言われ、

「名前がよく聞き取れなかったんだけど、メールアドレスを知ってるからメールするって言ってた。知らせるの忘れてた、ゴメンナサ〜イ」

とのこと。

 

外国人、誰だろう?

現在進行中のビザの人かな、でもあの人は日本語話せるし。。。

すぐにピンとくる相手がいませんでしたし、
メールをくれるというならくれるのだろう、そう思ってあまり気にせずにいたんです。

 

認証書類のコンファーム依頼

実はこの2つが自分の中で全くつながらないままだったのですが、例の宣伝メールを削除するためクリックしたところ、このメールが2ヶ月ほど前にサイン認証をしたお客様の提出先機関からのメールだったことに気づきました。

内容は「○月○日に、認証したことをコンファームしてください」というものでしたので、すぐに「コンファームします」と返信しました。

 

良かった!気がついて。

2ヶ月以上たっていたけど、今頃になってコンファームが来たのです。

 

サイン認証は多数やらせていただきますが、提出機関から連絡が来ることは、まれです。

一年に一度あるかないか。

 

今回は、ご丁寧に事務所に国際電話もしてくれた、

たまたま私がいなかったので、メールしてくれた、というわけでした。

 

PCは複数使っていますし、iphoneやipadでもメールは受信していますので、1カ所で削除しても受信メールを永久に見失うことはありません。

でも今後は注意しないと、と気を引き締めました。

 

ちなみにこのロシアの担当者は、返信をくれました。

Thank you, have a nice day !」だって。

フレンドリー(笑)

 

ちょっと嬉しくなって、メールに返信できたことに再度、感謝したのでした〜。

 

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone