海外進出、ビザ、書類認証、薬事申請のご相談なら
お問合せはお気軽にどうぞ
TEL 045-451-0008

海外マスター

ホーム>投稿>海外マスター

【APECビジネストラベルカード】ベトナムの入出国でメリット大な有効活用事例をご紹介

ABTCカードがあればビジネスビザ申請の手間が省けるメリット APECカードはベトナムの出入国に便利だとよくうかがいます。 この半年で ベトナムへ製品を販売している製造業様 ベトナムへ開発を外注しているIT企業様

【APECビジネストラベルカード】私にも申請できますか?取得要件となる二つのポイントとは?

行政書士の横山です。 9月末から今月にかけて、当事務所でサポートさせていただいたお客様から続々とカード受領のお知らせをいただいております。 具体的には3月から6月までに申請した方々になります。 一番早い方ですと、当事務所にお問い合わせをいただいてから5ヶ月ほどでカードがお手元に届いたことになります。 以前は足かけ8ヶ月ほどかかった時期もあったので、APEC加盟国19カ国による審査はかなり迅速化されている印象です。

【ESTA】臨時のパスポートで、アメリカ旅行に行けるのか?

海外旅行は楽しいけれど、外国で犯罪に巻き込まれてしまうこともありますね。 私もドイツのミュンヘンに行った時に、ビアホールで酔っ払って、バッグを女子トイレの個室に置き忘れたことがあります。 幸い次に入った方がお店に届けてくれたので、何事もなく戻ってきましたが、置き忘れたことに気づいた瞬間は、まさしくパニックに陥ったことを覚えています。 スペインにご旅行された時にバッグを盗まれ、財布もパスポートも取られてしまったというご経験者から、アメリカビザに関連したお問い合わせをいただきました。 海外でパスポートを発行してもらう手続きについても調べてみましたので、合わせてご紹介します。

【HSBCシンガポール】デビットカードのアクティベーション その1

HSBCシンガポールのパンフレットより引用 昨年のことでしたが、シンガポールのHSBCからカードが送られてきました。 カードの表面に貼られたシールには、”Activate

By |2019-10-12T02:25:07+09:002018/01/27|Categories: シンガポール, 海外マスター, 海外情報|

【APECビジネストラベルカード(ABTC)】ご愛用いただけるメリットについて紹介します

ロングステイアドバイザーの横山です。 APECビジネストラベルカードの利用者が増えています! おかげさまで最近は、「カードが期限切れになるので、新しいカードの申請をしたい」という、リピートのご依頼をいただくようになりました。 覚えていていただきありがたい限りです。 取得されてもう3年経ったのですね。。。と月日の過ぎる速さを感じる今日この頃です。

【HSBCシンガポール】GIROで送金

昨年のことなので古い話ですが、HSBCシンガポールの個人口座から、インターネットバンキングでシンガポール内の別銀行(日系の赤い銀行です)へ送金をしました。 シンガポール法人の口座を赤い銀行に作り、そこに軽い気持ちで、シンガポールドル、USドル、日本円のアカウントを作りました。 海外の銀行は、日本の銀行と違って、口座管理手数料をとられるため、気がつくと残高がすごく減っていることがあります。 手数料がかからない最低残高をキープすれば、置きっ放しでも減ることはありません。 ちなみに現在シンガポールには、日系銀行は赤と緑の2行があります。

By |2019-10-12T02:25:09+09:002016/09/08|Categories: シンガポール, 海外マスター, 海外情報|

【APECビジネストラベルカード】帰国時にも便利!

  中小企業アジア展開支援アドバイザーの横山です。 APECビジネストラベルカード、申請する方が世界的に増えているそうです。 そのおかげで、各国の審査や日本の外務省での手続きに時間がかかっており、現在お客様には、申請から6ヶ月を過ぎても待っていただいている状態です。 私も「一度使うと、手放せない」と思っているのですが、それを実感した事例をご紹介します。

【海外移住】日本の免許証の更新

  一度失効してしまうと新規取得になる運転免許証 外国で車の運転をしていらっしゃる方でも、日本の運転免許証は維持したいはず。 そもそも国際免許は日本の免許証を元に発行されるものですし、外国の免許証があってもいずれは日本に帰国するかもしれません。 運転免許証は顔写真と現住所の記載があるため、様々な場面でIDとして活躍してくれますしね。

By |2019-10-12T02:25:11+09:002015/05/30|Categories: 海外マスター, 海外進出|

【海外進出】好きを仕事に③まとめ

  沖縄とタイで、つけ麺の「大勝軒」を展開する飯田敦志さん。 前回は、一流企業のサラリーマンからラーメン屋さんに転向、海外進出を果たすまでをお伺いしました。   今後の展望

By |2019-10-12T02:25:12+09:002015/01/17|Categories: マレーシア, 海外マスター, 海外情報, 海外進出|

【海外進出】好きを仕事に②沖縄とタイでラーメン屋さん

  つけ麺で有名な「大勝軒」沖縄店のオーナーであり、タイのバンコクとチェンマイでも店舗展開している飯田敦志さん。 もともとサラリーマンだった飯田さんがラーメン屋さんに転向、沖縄店を開店後、海外出店も果たしたのは、どんな経過だったのでしょうか?   入門するときに飯田さんは、名物店主の山岸さんに「将来、タイで大勝軒をやりたい」と話しました。

By |2019-10-12T02:25:12+09:002015/01/16|Categories: タイ, 海外マスター, 海外進出|