海外進出、ビザ、書類認証、薬事申請のご相談なら
お問合せはお気軽にどうぞ
TEL 045-451-0008

海外進出

【ITIN】日本からの取得 EINとの違いをご説明します

アメリカで収入が発生してタックスリターンをするには、納税者番号(TIN、Tax Identification Number)が必要です。 納税者番号は、日本のマイナンバーと通ずるものとお考えいただくとわかりやすいと思います。 マイナンバーには個人用と事業者用がありますが、アメリカの納税者番号も同様です。

【マイナビ グローバル転職】行政書士監修 日本人に人気の国別 就労ビザの取得条件は?

株式会社マイナビ様の記事の監修を担当させていただきました。 【行政書士監修】日本人に人気の国別 就労ビザの取得条件は? ベトナム、インドネシア、タイ、インド、中国、シンガポール、マレーシア、台湾、香港、フィリピン、韓国、アメリカの12ヵ国について、就労ビザの申請要件、特別な必要書類、注意点などを記載しています。 今回は、海外転職を検討する若い方がターゲットということで、いわゆる投資ビザ(現地に法人設立をして、その法人の役員として就労するビザ)は除外しています。 一般的な書類

【マイナビ グローバル転職】海外転職の手続情報 意外と知らない海外転職時の住民票・年金・健康保険

株式会社マイナビ様の海外転職サイトにて、記事の執筆を担当させていただきました。 【マイナビ グローバル転職】海外転職の手続情報 意外と知らない海外転職時の住民票・年金・健康保険 日本で会社勤めを経験後に現地採用などで海外就職する、20〜30代の方がターゲットです。 詳細は記事を読んでいただくとして、今回あらためて注意喚起したかったのが運転免許証の手続についてでした。 忘れないで!運転免許証の期限

By |2019-10-12T02:25:06+09:002019/02/09|Categories: ビザ情報, 業務サービス関連, 海外進出|

【APECビジネストラベルカード】私にも申請できますか?取得要件となる二つのポイントとは?

行政書士の横山です。 9月末から今月にかけて、当事務所でサポートさせていただいたお客様から続々とカード受領のお知らせをいただいております。 具体的には3月から6月までに申請した方々になります。 一番早い方ですと、当事務所にお問い合わせをいただいてから5ヶ月ほどでカードがお手元に届いたことになります。 以前は足かけ8ヶ月ほどかかった時期もあったので、APEC加盟国19カ国による審査はかなり迅速化されている印象です。

【英国留学】スポンサーレターの作成

8月も半ばを過ぎると、学生さんは新学期のことが気になりだすのではないでしょうか? 海外では9月から新学年が始まる国が多いため、初めて留学をする方は、すべての手続きを8月中に終わらせたいところです。 当事務所では、今年度はアメリカ、台湾、英国への留学手続きに関わることができました。 サイトから来られた新規の方やリピーター様、ご紹介案件など様々でしたが、いずれも8月前半までに納品を済ませ、ホッとすると同時に海外にチャレンジする若い方々の将来を勝手に想像し(笑)、嬉しく頼もしく思っているところです。 海外留学には、高校を卒業した方が海外の大学に進学するだけでなく、社会人の方がさらなるキャリアアップのために留学という手段を選ぶケースもあります。

【英国ビザ申請】まさかのシステムトラブル?申請料は返金可能?

  続きです。前回の記事はこちら↓ Paypalだけでなく、クレジットカード二種(visaとMaster)にも申請料が計上されたことを知り、正直目の前が真っ暗になりました。

By |2019-10-12T02:25:06+09:002018/06/20|Categories: ビザ情報, 業務サービス関連, 海外進出|

【HSBCシンガポール】デビットカードのアクティベーション その2

HSBCのパンフレットより引用 昨年送られてきた、HSBCシンガポールの新しいデビットカード。 国際電話でアクティベーション(有効化、認証という意味)をしてみた顛末をご報告しています。

【香港就労ビザ】社内で転勤するためのビザ

香港就労ビザについてご紹介しています。 前回の記事はこちら↓ 企業内転勤

【香港就労ビザ】不法就労になるケースとは?

香港就労ビザについて、事例を交えてご紹介しています。 前回の記事はこちら↓ 不法就労とみなされるケース

【香港就労ビザ】誰に頼む?条件は?

早いものでもう11月ですね。 おかげさまで7月、8月、9月と多くのビザ申請のお手伝いができ、10月、11月にかけて続々と結果が出てきました。 数回に分けて、日本人の香港就労ビザについてご紹介したいと思います。 香港本社で日本人が勤務するケースですが、社長様は日本人で、基本的には日本の会社です。日本のビザカテゴリーでいうと、企業内転勤にあたるケースです。 ビザエージェント

By |2019-10-12T02:25:07+09:002017/11/05|Categories: ビザ情報, 業務サービス関連, 海外進出|