426375654_cc31a19019

行政書士の横山です。

以前ご紹介しました、スキーインストラクターのビザの要件緩和が、7月末の官報で発表されていました。

法務省や入国管理局のサイトでは簡単に見つけられなかったので、これまで見逃しておりました。

ご報告が遅れ、申し訳ないです。以前の記事はこちらです↓

行政書士の横山です。 先日、ブログ【スポーツインストラクターのビザ】申請要件を読んでくださった方から、お問合せフォームよりご質問をいただきました。 返信したのですが、メールが戻ってきてしまうため、その方が読んでくださることを期待して、こちらで内容をシェアさせていた...続きを読む

 

緩和のポイント

スポーツの外国人インストラクターを招聘する場合、ビザがおりる要件は2点、

  • インストラクターとして(報酬を得て)教えた実務経験が、合計で36ヶ月以上。
  • 国際的な大会に出場した経験を証明できる。

でした。

今回、要件緩和として新たに加えられたのが「ISIAカード保持者」です。

 

ISIAカードとは?

まずISIAとは、International Ski Instructors Association訳しますと「国際スキー教師連盟」という組織で、本拠地はスイスです。

スキー(スノーボード)インストラクターの国際資格を管理し、世界39カ国が加盟しており、もちろん日本も加盟しています。

ちなみに日本の組織は、SIA「公益社団法人日本プロスキー教師協会」です。

日本人インストラクターがSIA資格をとると、対応するISIA資格を取得したことになり、海外で教える場合に資格証明ができるわけです。

資格には技術と能力に応じたステージがあって、ISIAカードの保持者とは、日本ではアルペンスキーインストラクターとして最高の資格者になります。

SIAサイトより引用

SIAサイトより引用

 

要件緩和と言えるのか?

外国人インストラクターを雇用するための要件として、実務経験36ヶ月以上というのは、正直厳しいものでした。

雪がないと成立しませんから、年に3ヶ月~長くても6ヶ月しか働けません。

南半球と北半球を行ったり来たりして、フルタイムで働いても3年以上かかりますので、若い人には難しい要件でした。

そして今回、ISIAカード保持者が加わりましたが、全世界で1万人ほどの人数だそうです。

また、日本のSIAによると日本人の現役インストラクターのうち、ISIAカード保持者は309名。

この人数が多いのか少ないのかは私にはわかりません。

ただ、これまでビザをお手伝いした外国人インストラクターは、そこまでの資格は持たずして北米やヨーロッパでも教えていましたので、日本のビザ要件は依然厳しいのかな、という印象です。

 

当事務所では、外国人インストラクターのビザについて、ご相談にのっております。

お問合せフォームから、あるいはお電話で、お気軽にお問い合わせください。

 

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone