2014-05-09 11.24.00

1月半ばのことなので、少々お時間が経ってしまいましたが、タイとマレーシア、シンガポールに旅行してきました。

タイでは、友人や、バンコクに長期滞在していらっしゃる知り合いの方々とご一緒したりして、休暇を楽しむことができました。

シンガポール、マレーシアで銀行手続きにトライ

そしてシンガポールではDBSマレーシア(ジョホールバル)では、MAYBANKの、銀行手続きにトライ。

 

シンガポール:DBS

家族がDBSに口座を持っていたのですが、放置して残高不足になり「Account Close」のお知らせが来ていたのです。

去年のうちにDBSのコールセンターに連絡し、どうしたらよいか聞いたところ、「この電話があったことを記録に残すので、口座名義人がパスポートを持って支店に行けば大丈夫!」と言われました。

しかし実際に行ってみると、あっさり「ビザがないとダメ」とのこと。

「でもコールセンターの人ができるって言った」と食い下がってみましたが、「そのオペレーターの名前は?何月何日でしたか?」と聞き返され、そんなこと覚えてないし…

名前と日にちを聞くのも、その人を突き止めてトレーニングするためで、別にこちらの権利を保全してくれるわけではなかったです。

ダメなものは絶対ダメ!というのがシンガポール。

これでDBSとは、全くつながりがなくなってしまいました。しょうがないですね。

 

マレーシア:MAYBANK

2013年に滞在したジョホールバルで給与の振り込み口座として使っていましたが、日本の住所に変更しないまま帰国してしまったので、インターネットバンキングを利用しても、全くお金を動かすことができませんでした。

こちらもコールセンターに電話したら「住所変更は、本人が支店に行かなくてはできない」。

去年はジョホールバルまで行く機会がありませんでしたが、今回やっと実現できました。

こちらの手続きは簡単でした。ちょっと順番待ちをして、新しい住所やパスポート番号を申し込み用紙に書いて出すだけ。

 

日本円の旧札は海外では両替できず。。。

別件になりますが、マレーシアは外貨の持ち込みに制限額はありません。

マレーシアに行くならMAYBANKに入金しようと、今回日本円を現金で持参しました。

マレーシア銀行ではRM(リンギット)以外の通貨を受け付けないため、日本円は空港や街中の両替商でRMに変えてから銀行へ預けます。

ところがこれが大失敗。

私が持参した現金は1万円札の旧札だったため、ジョホールバルの両替商で両替できなかったのです。

母からもらったお金をちょこちょこ貸金庫に入れていたのがまとまった額になったので(いわゆる主婦のへそくり笑)、生活に影響のないお金ということで持ち出したのが間違いでした。

日本の国内でも、流通しているお札のほとんどが、ホログラムのついた新札です。

両替商のおばちゃんが「銀行にトライしてみろ、何事もトライだ!」と言うので、MAYBANKのちょっと偉そうな人に頼んでみましたが、ダメでした。

ジョホールバルでダメなんだからシンガポールではもっと無理だよな〜と思い、シンガポールの両替商には行ってみませんでしたが、どうだったでしょうね。

 

一方、MAYBANKのATMカードは1年ぶりでしたが、マシンでちゃんと使えました。

後から聞いたところ、ATMマシンを通していなくてもインターネットバンキングにログインしていれば無効カードにならないそうです。

私は2〜3ヶ月に1回くらいは、MAYBANKのサイトにログインしていたのです、良かった!

日本の銀行は、お金を預けっぱなしな分には何も起こらずそのままですが、マレーシア銀行の場合、放っておくと口座が「inactive」いわゆる休眠口座になってしまうのです。

サイトに定期的にログインしておけば、OKです

海外口座を管理するには、経験と知識が必要。。。と、あらためて思った次第です。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone