6月29日、東京・羽田空港とソウル・金浦空港間の運航便が、2年4か月ぶりに再開されました。

コロナ前には一日3往復もしていたこの路線の復活に、いよいよ韓国に行けるようになったか!と個人的には嬉しいです。

観光だけでなくビジネス需要も多かった路線ですから、両国の経済回復にも貢献してくれることでしょう。

しかし、報道で多くの人が驚いたと思いますが、東京の韓国大使館の前には、ビザを求める長い行列ができました。

韓国旅行には行きたいけど、大変そう。。

それを受けてか韓国大使館では、現在オンラインで申請予約を受け付けるようになりました。

予約のおかげで屋外で長時間の行列は免れますが、それでもビザ申請はひと手間ですね。

韓国はビザなしで気軽に行けた国でしたが、どうやらこの2年半で、入国制度じたいが変わったようなのです。

APECビジネストラベルカード保有者にも関係がありますので、概要をお知らせします。

K-ETAの導入とAPECビジネストラベルカード

韓国では、昨年5月3日から試験的に、その後9月1日からは本格的に、K-ETA(ケーイーティ―エーと読むそうです)という、渡航の事前認証システムを導入しました。 

これは、米国のESTAと同じようなシステムです。

旅行者はK-ETAを事前に申請しておけば、ビザを取得していなくても、韓国に入国できるというもの。

そのうえで、APECビジネストラベルカードの保有者は、K-ETAの事前認証を免除されています。

つまり、APECビジネストラベルカードをもっていれば、K-ETAの事前認証もビザもいらないということです。

悲報、日本は除外

ところが、日本人には思わぬ落とし穴が。

なんと日本は、このK-ETAの対象から除外されていたのです。

K-ETAのサイトで見てみると、ジャマイカやカザフスタンは対象、マレーシアやシンガポールなど他のアジア諸国も対象に入っているのに、ですよ。

K-ETAより引用

当時のコロナの感染具合が表向きの理由でしょうが、政治が影響しているのは明らかですよね。。

ややこしいぞ、韓国入国(2022年7月現在)

現状日本人は、たとえAPECビジネストラベルカードを持っていても、原則としてビザなしでは韓国に行けません。

観光目的の人は、韓国大使館で一般観光ビザの発給を受けるという、本記事冒頭の話に戻ります。

しかし、ビジネス目的で渡航する人にかぎって、ここで朗報があります。

ビジネス目的の人には、K-ETA除外の例外があるのです。

?除外の例外?

具体的には、

①韓国の訪問先である現地企業が、韓国の関係省庁に申請して、許可を受ける

②その申請内容が法務部(日本の法務省に該当する役所)に送られる

③法務部でOKであれば、日本人であってもK-ETAの対象になる

という流れです。

APECビジネストラベルカード保有者にとっては、ここで疑問がわいてきます。

もともとAPECビジネストラベルカードがあれば、K-ETAを免除されていましたよね。

そうすると、日本人で韓国の訪問先が申請してくれて、さらにAPECビジネストラベルカードをもっている人は、理屈上はビザもK-ETAもなしで入国できるはずです。

直近でこの経緯で入国した方がおられましたら、ぜひ情報をお待ちしています!

APECビジネストラベルカードで韓国へ!

APECビジネストラベルカード(ABTC)は、日本の外務省へ申請して審査を受けます。

有効期間は5年間。今後バーチャルカード(スマホのアプリ)になる予定もあります。

新型肺炎の影響により、海外出張や赴任に困難を来している企業様も多いと思います。 今月から、オーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、タイの4ヶ国へのビジネス渡航が検討されていますが、以前のように自由に行き来できる日が待ち遠しいですね。 APECビジネストラベルカードとは APEC...続きを読む

このコロナ禍で、カードの審査が止まっていた国もありましたが、ロシア以外は、現在回復傾向にあります。

このたび外務省から、嬉しいお知らせが舞い込んできました! ベトナムの移民局が、APECビジネストラベルカードの承認審査再開を正式に連絡してきたそうです。 ベトナム移民局の発表 審査の再開は、移民局のニュースにも掲載されていました(2022年3月23日付)。 当事務所で...続きを読む

当事務所でも申請代行を承っておりますので、お問合せフォームからお問い合わせをお待ちしております。

朗報、2022年8月追記

報道によると、韓国政府は日本国籍者に対し、ビザ取得を免除することを決めたそうです。

期限は今月(2022年8月)いっぱいですが、要件緩和はありがたいですね。

今のうちに、韓国へGO!

最後までお読み頂きありがとうございました。この記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです。
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email