APECのサイトより引用

新型肺炎の影響により、海外出張や赴任に困難を来している企業様も多いと思います。

今月から、オーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、タイの4ヶ国へのビジネス渡航が検討されていますが、以前のように自由に行き来できる日が待ち遠しいですね。

APECビジネストラベルカードとは

APEC(アジア太平洋経済協力会議)に加盟する19ヶ国のビジネスマンを対象に、短期のビジネス渡航を促進する目的で発行され、カードホルダーには主に下記のメリットがあります。

①短期出張の事前承認を証明し、パスポートとカードのみで入国審査を受けられる(米国とカナダは除く)。

②国際空港での入国審査において、優先レーンを使用できる。

※訪問先国と活動内容によって、別途ビザの取得が必要になるケースがありますのでご注意ください。

当事務所の人気記事もご参照ください↓

入出国での苦労 たとえば、あなたはエグゼクティブなビジネスマンまたはビジネスウーマンです。大事な商談のため弾丸で海外出張に行くことになりました。 厳しいスケジュールの中、最大限の成果をあげたいと思っています。 ...続きを読む
APECビジネストラベルカード申請代行
ロングステイアドバイザーの横山です。 APECビジネストラベルカードの利用者が増えています! おかげさまで最近は、「カードが期限切れになるので、新しいカードの申請をしたい」という、リピートのご依頼をいただくようになりました。 覚えていていただきありがたい限りです。 取...続きを読む

カード利用者は、全国で34万人にのぼるそうです。

ABTCがスマホへ

現時点では、ABTC(APEC Business Travel Card)はクレジットカードと同じ大きさのプラスチック製のカードです。

外務省のサイトより引用

ところが2020年2月、APECのHPにおける発表で、このカードをアップデートした機能をもつモバイルアプリを開発することがわかりました。

今のところ、2020年11月のリリースを目指しているそうです。

現状での不明点

新型肺炎の影響で、日本の外務省およびAPEC諸国におけるカード審査と発行のお手続きには、遅延が見込まれています。

通常でも約6ヶ月超かかる、審査期間の長~い申請ですが、さらに気長に待つ必要がありそうです。

モバイルアプリも、いつどのような形でユーザーレベルの実用化がかなうのかは未定です。

すでにプラスチックのカードをもっている方は、モバイルへ変更できるのかどうかが気になると思いますが、現時点では詳細はわかっていません。

申請手続やカードの発行は各国の担当機関により違いますので、外務省からの11月以降の発表を待つしかないと思います。

当ブログでも情報をチェックし、お知らせできるようにいたします。

 

本記事の無断複製、転載、転用、配布は、固くお断りいたします。 

最後までお読み頂きありがとうございました。この記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです。
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email