海外進出、ビザ、書類認証、薬事申請のご相談なら
お問合せはお気軽にどうぞ
TEL 045-451-0008

月別アーカイブ:2月 2015

【合同会社】株式会社との違い

合同会社とは 合同会社は、2006年施行の新会社法で認められた法人の形態で、廃止された「有限会社」と似たような位置づけです。 ちなみに今は有限会社を新たに設立することはないため、有限会社を名乗っている法人は、少なくとも10年以上の営業年数があると言えますね。 さて合同会社に戻ります。 合同会社は設立件数がのびていて、平成24年は約24,000件、25年には約30,000件となっています(法務省統計より)。

By |2019-10-12T02:25:11+09:002015/02/21|Categories: 業務サービス関連, 海外進出|

【化粧品製造販売業】薬事法(医薬品医療機器等法)の許可

化粧品販売の許可 化粧品を販売したいんだけど、何か許認可が必要ですか?よくある質問です。 他人が製造した化粧品を仕入れて販売するだけなら、許可は必要ありません。 輸入品の場合も同様で、他人が輸入した商品を仕入れて販売する分には自由です。 一方で許認可をとる場合は、

By |2019-10-12T02:25:11+09:002015/02/18|Categories: 業務サービス関連, 薬事医療法務|

【サイン認証】エスクロー会社の書類

  前回、アポスティーユの手続についてお知らせしたばかりなのですが、ハーグ条約加盟国であっても、たとえばアメリカの不動産売買などの場合は 「契約書のサインは公証役場か、領事認証で」 と、指定されるケースもあります。  

By |2019-10-12T02:25:11+09:002015/02/17|Categories: 業務サービス関連, 認証|

【アポスティーユ】ハーグ条約加盟国への書類認証

  アポスティーユとは アポスティーユって聞き慣れない言葉ですね。 外国へ引っ越したり転職したり、会社を設立したりするときに、日本での住所や身分を証明しなくてはならない場合があります。 行き先の国がハーグ条約に加盟していると、加盟国同士「文書の認証の手間を省きましょうね」と言う申し合わせがあるのです。

By |2019-10-12T02:25:11+09:002015/02/16|Categories: 業務サービス関連, 認証|

【中国領事認証】手続きの流れと注意点

  中国に会社を設立する、中国人と結婚するなどの理由で、中国の機関に提出する書類に認証を求められる場合があります。 中国はハーグ条約締約国ではないため、アポスティーユをつけることができません。   商事認証(子会社の設立など)

By |2019-10-12T02:25:11+09:002015/02/06|Categories: 業務サービス関連, 認証|