当ブログをご覧になった方から、お問い合わせをいただきました。

オーストラリアの銀行口座を解約しますが、本人確認書類に必要事項と免許証のコピーを添えて、オーストラリア大使館で認証してもらうように言われています。

地方に住んでいるのですが、代行できるようでしたらぜひお願いします。

文面からオーストラリアの領事認証をご希望のようでしたが、銀行の本人確認で、領事認証まで求められることはあまりありません。

今一度、銀行側にご確認いただくことにしました。

海外投資のアドバイザー

お客様の背景には、オーストラリアの金融機関との間に入ってアドバイスをしている、現地の日系エージェントさんがいらっしゃいました。

そのエージェントさんが、いくつかの候補の中から「オーストラリア領事による認証」をご案内していたため、お客様もそのカテゴリーで代行業者を探していたようです。

エージェントさんからのメールを転送していただき内容を拝見したところ、必ずしも領事認証でなくても良いことがわかりました。

行政書士による認証でも大丈夫そうだったので、今一度金融機関に確認をとった上で、当事務所にて対応しました。

エージェントさんも投資のアドバイスがご専門だと、必ずしも口座手続きに詳しい必要はないですからね。

おそらくお客様にとって一番堅実な方法をご案内されたのですが、現場ではもっと簡易な方法でも通用したという事例です。

認証者の指定

当事務所では、オーストラリアだけでなく欧米や東南アジアの金融機関手続きの実績がございますが、口座解約のために領事認証を必要とされたことは、これまでほとんどありませんでした。

ビザ申請や身分系の手続き(出生、結婚、離婚など)ならまだしも、金融機関の手続きのためにいちいち領事に認証をもらうのでは、領事業務が忙しくなってしまいます。

一般企業の手続きで、公的な機関のお墨付きを要することは、滅多にありません。

オーストラリアは厳しめ

今回は提出先と確認が取れて、行政書士の認証で良いことになりましたが、実はオーストラリアのようなコモンウェルスの国は、認証資格のある職業のバリエーションが広く、日本の認証制度とは異なる解釈です。

例えば「郵便局員」や「警察官」が認められていたり、Justice of the Peace(治安判事)なる資格の人がいて、図書館などで認証してくれる等、認証の仕事は日本よりも身近にあるみたいです。

だからこそ、誰がどこまでの認証をできるのか、間違ってしまうとやり直しになりかねませんね。

当事務所のオーストラリア認証に関する過去記事はこちら↓

行政書士の横山です。 先日、オーストラリア提出書類を認証する機会がありました。 お客様は、ブリスベンにボランティアのお仕事で赴任予定とのこと、ご活躍を期待しております。 実は前の週にも別の案件で、オーストラリア移住のための書類認証、行き先は同じブリスベンへという方と...続きを読む

認証(Certified Copy)と言われたら

Certified Copy(認証コピー)は、日本ではあまり馴染みがありません。

しかし海外で本人確認が必要な場合、免許証などのコピーが真正であることを証明するのは、よくある手続きです。

今回も、エージェントさんの提案通りに領事認証をしていたら、かなりの時間と費用がかかったはずです。

金融機関などの私企業なら行政書士による認証でも通ることがありますので、認証や認証コピーにお困りの際は、一度お問い合わせください。

 

 

本記事の無断複製、転載、転用、配布は、固くお断りいたします。

最後までお読み頂きありがとうございました。この記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです。
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email