海外進出、ビザ、書類認証、薬事申請のご相談なら
お問合せはお気軽にどうぞ
TEL 045-451-0008

アメリカビザ(観光・就労等)

ホーム>投稿>業務サービス関連>アメリカビザ(観光・就労等)

【アメリカビザ】ビザ取得のカギを握る!DS-160申請書とは?

  行政書士の横山です。 おかげさまで当事務所のアメリカビザ申請サポートは、多くのお客様にご好評をいただいております。 ビザ取得の厳しさは日々感じるものの、サポートを始めて数年が経過し、多くの方が観光やビジネス目的の短期渡航を実現しています。 おかげさまで当事務所なりの知識経験、書類作成のノウハウなどもできましたので、これから観光ビザ申請したい!という方向けに、ご参考になる情報をお届けしたいと思います。

【アメリカビザ】 審査の厳格化!過去のSNS情報開示

史上初の米朝首脳会談は開催地にシンガポールが選ばれ、紆余曲折はあるものの現実味を帯びてきました。 トランプ大統領は米国内の中間選挙のための実績作りに躍起になっている印象もありますが、イスラエルの米国大使館の移転も有言実行しましたし、結果を出す人であることは事実ですね。 アメリカ市民がトランプ大統領の2年間の仕事について、11月にどのような判断を下すのか興味深いです。 さてこれも結果のひとつになるのでしょうか。本日のニュースによると、ビザ審査を担当する在外公館の職員は、申請者のSNS(FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワーク)やメールアドレスなどの履歴を、過去に遡って要求できるようになったそうです。 審査の厳格化

【外国人のためのアメリカビザ】国別のビザ却下率、気になりませんか?

2017年度のアメリカBビザの国別却下率が発表されています。 まだ3月だというのに去年の結果が出てくるなんて、アメリカの役所はお仕事が早いですね! この却下率には、ビザ免除プログラムで渡航した人は含まれていません。 各国の大使館にビザ申請した数に対し、却下された方々の割合です。 在日外国人のためのアメリカ観光ビザ申請の記事はこちら↓

【ESTA】臨時のパスポートで、アメリカ旅行に行けるのか?

海外旅行は楽しいけれど、外国で犯罪に巻き込まれてしまうこともありますね。 私もドイツのミュンヘンに行った時に、ビアホールで酔っ払って、バッグを女子トイレの個室に置き忘れたことがあります。 幸い次に入った方がお店に届けてくれたので、何事もなく戻ってきましたが、置き忘れたことに気づいた瞬間は、まさしくパニックに陥ったことを覚えています。 スペインにご旅行された時にバッグを盗まれ、財布もパスポートも取られてしまったというご経験者から、アメリカビザに関連したお問い合わせをいただきました。 海外でパスポートを発行してもらう手続きについても調べてみましたので、合わせてご紹介します。

【アメリカビザ】政府機関の閉鎖、原因と影響

アメリカ議会で予算案の採決ができず、政府機関が閉鎖されたりFDA(Food and Drag Administration、食品医薬局)やFAA(Federal Aviation

【アメリカビザ】不許可から再挑戦して観光ビザがとれた事例をご紹介します

アメリカビザ取得の可否は、ご本人の資質、背景、本国とアメリカとの関係などの多くの項目を、アメリカ領事が総合的に判断して決められます。 領事の判断は、そのときそのときの世界情勢に合わせた国の方針に従うため、Bビザについては一度申請を却下されたとしても、もう二度と申請できないとか、次の申請時に影響すると決まったわけではありません。 ただお客様の情報によると、一度却下されてしまうと続けて申請してもビザ取得が厳しいこともあるようです。 当事務所の事例で、2度目の申請でリカバリーできたケースをご紹介いたします。 ご主人様からの依頼

【アメリカビザ】パスポートが無くても申請できる?ベトナム人ご一家の事例をご紹介します。

パスポートがないんですが、大丈夫でしょうか? とのご連絡を下さったのは、ご結婚を控えたお嬢様でした。 ハワイでの結婚式に、ベトナム人のご家族が出席するため、アメリカビザを取得したいとのこと。 ただ、お父様と弟さんがパスポートをもっていないそうです。 代わりに再入国の許可書しかないとのお話でしたが、以前にも同様のお問い合わせを頂いたことがあったので、再入国の許可書でもビザ申請できることはわかっていました。

【アメリカビザ】ESTA拒否から観光ビザ(B1/B2)申請で再チャレンジ、無事ハワイへ入国!

ロングステイアドバイザーの横山です。 前回、前々回を受けて、お客様(Aさん、日本人男性)の事例をご紹介いたします。 前回の記事はこちら↓

【ハワイ】イミグレで別室送りになった!怖い経験②

ロングステイアドバイザーの横山です。 前回に引き続きお客様(Aさん、日本人男性)からうかがった、ハワイのイミグレで入国拒否にあったお話しです。 前回の記事はこちら↓

【ハワイ】イミグレで別室送りになった!怖い経験①

  ロングステイアドバイザーの横山です。 今回は、お客様(Aさん、日本人男性)からうかがったお話をご紹介します。 ハワイの空港で入国時に別室送りになって尋問された上、最終的には入国拒否されたというご経験です。 ブログでご紹介することには許可をいただいており、むしろハワイに渡航する日本人への注意喚起になればと言ってくださいました。