ベトネムでの短期滞在

ベトナムを訪れる場合、日本のパスポートなら15日間までビザ無しで滞在が可能です。

ところが、2015年1月からこのビザ無しでの滞在条件が変更、30日以内に再入国する場合は、短期滞在でもビザが必要になったとのこと。

商用でベトナムを頻繁に訪れる方には、APECビジネストラベルカードで解決できます!

 

file000131088584

 

ベトナムとの事業内容によっては、長期で滞在するよりも、短期で頻繁に訪れる場合がありますよね。

15日までの滞在なら、今までノービザで入国できました。

訪問を必ず30日以上あけるのは、ビジネスの場合何が起こるかわかりませんから難しいです。

APECビジネストラベルカードがあると、30日以内に再入国される場合でもビザ無しでベトナムに入国できます。

ハノイとホーチミンの国際空港に専用レーンが設置されています。

 

ベトナムのビジネスビザ

ベトナムのビジネスビザを取得することも解決の一つ、東京と大阪のベトナム領事館へ直接申請できるなら、ビジネスビザもお勧めします。

現状ビジネスビザには、有効期間3ヶ月でマルチとシングルがあります。

シングルは価格が安いのですが、出入国は有効期間中1回のみ、マルチは複数回の出入りが可能で、顔写真、パスポート、申請料だけで取得できます。

ベトナム国内で延長もできるため、期限が来ても一度近隣国へ出国して延長を繰り返せば、理屈上永久にベトナムに滞在できてしまいます(現実には3回目以降の期間延長は認められないようですが)。

 

ベトナムは南シナ海の領海を巡って中国と問題を抱えています。

陸地でも中国と国境を接していますから、中国からの不法移民は断固として防ぎたいはず。

今回短期滞在の条件が厳しくなったのは、そういった背景があるのかもしれませんね。

 

APECビジネストラベルカードの審査期間は、6ヶ月以上かかります。

今すぐに申請しても、取得は来年の6月頃。。。

詳細はこちら。取得をお考えの方はお早めに!

 

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone