海外進出、ビザ、書類認証、薬事申請のご相談なら
お問合せはお気軽にどうぞ
TEL 045-451-0008

月別アーカイブ:12月 2014

在日外国人のためのアメリカ観光ビザ申請手続き

  日本に在留する外国人のアメリカ観光ビザ 日本人がアメリカへ観光旅行に行く場合、ビザ免除プログラムにより、ビザの取得は免除されています。 しかし、日本に在留する外国人が、たとえばお正月にハワイに旅行したいと思ったら、その国籍によっては、アメリカ大使館へビザの申請をする必要があります。  

【ビザ】ミャンマーのビザ-オンライン申請

ミャンマー観光ビザはオンライン申請が可能に ミャンマーへ旅行する場合はビザが必要です。 2014年10月1日より、日本を含む68カ国に限り、オンラインで観光ビザの申請ができるようになりました。(観光以外のビザは、従前どおりミャンマー大使館で申請) このe-visaについて、お知らせします。  

By |2019-10-12T02:25:12+09:002014/12/27|Categories: ビザ情報, 業務サービス関連, 海外情報|

【マレーシア】マレーシア日通のハラル物流とは?

日本通運の現地法人、マレーシア日通株式会社が、マレーシアのハラル認証機関JAKIMより、12月16日を発効日としてハラル認証を取得したそうです。 ハラル認証という言葉は最近よく耳にするようになりました。 一般的には、イスラム圏から日本に来る旅行者向けサービスの印象が強いですが、実際はどのようなものなのでしょうか? ハラルとは まず、ハラルとは?

By |2019-10-12T02:25:12+09:002014/12/22|Categories: マレーシア, 海外情報, 海外進出|

【海外情報】インド投資は今ーセミナー報告②

インドのビジネス環境 今年5月の政権交代をきっかけに、海外から製造業を積極的に誘致しているインド政府。 前回はインドビジネスの魅力や日系優遇政策についてご報告しましたが、日系企業の動向は今どうなっているのでしょうか? ビジネス環境や注意点を、JETROのデータ、現地からの報告を元に見ていきます。  

By |2019-10-12T02:25:12+09:002014/12/19|Categories: セミナー・報告会, 海外情報, 海外進出|

【海外情報】インド投資は今-セミナー報告①

投資対象としてのインドの現状 2週間ほど前になりますが、インド投資セミナーに参加してきました。 在日インド大使館の参事の方と、JETROの中東地域を担当する方が、お話してくださいました。    

By |2019-10-12T02:25:12+09:002014/12/17|Categories: セミナー・報告会, 海外情報, 海外進出|

【MM2H】個人申請における資産証明

マレーシア国外に所有する流動資産の証明 収入の証明と同様、MM2H申請は資産証明もわかりづらい部分です。 資産と言ってもどこまでを指すのか、どんな証明書を準備したら良いのか。。。 資産証明では、マレーシア国外に所有する流動資産を示すのですが、銀行預金以外では加算できるものとできないものがあります。  

【医薬品医療機器等法(旧薬事法)】ヘルスソフトウェアの開発

旧薬事法の改正施行(2014年11月25日)から、1週間経ちました。 改正ポイントはいくつかあるのですが、本日は医療機器の分類です。     旧薬事法では、例えば画像診断システムのような、患者さんの情報を取得するプログラムをインストールしてある「PC」が、医療機器とされていました。

By |2019-10-12T02:25:13+09:002014/12/04|Categories: 業務サービス関連, 薬事医療法務|

【医薬品医療機器等法(旧薬事法)】薬膳にかかる法律

薬膳 薬膳についてのセミナーに出席しました。 そもそも薬膳とは?というところから、効能効果に法律の規制はかかるのか?など、幅広く教えていただきました。   薬膳料理というと、漢方薬が入っている、においがきつい、苦い、などと連想しませんか?

By |2019-10-12T02:25:13+09:002014/12/03|Categories: セミナー・報告会, 薬事医療法務|

【APECビジネストラベルカード】ベトナム短期滞在

ベトネムでの短期滞在 ベトナムを訪れる場合、日本のパスポートなら15日間までビザ無しで滞在が可能です。 ところが、2015年1月からこのビザ無しでの滞在条件が変更、30日以内に再入国する場合は、短期滞在でもビザが必要になったとのこと。 商用でベトナムを頻繁に訪れる方には、APECビジネストラベルカードで解決できます!