マレーシアは日本人の長期滞在先として8年連続 NO.1

マレーシアは日本人の長期滞在先として8年連続 NO.1 だそうです(ロングステイ財団調べ)。

人気の秘密は温暖で治安が良いことに加え、日本人にとって住みやすい環境もあります。

ところでペット事情はどうなのでしょうか?

 

heartSunglasses

日本ではペットを飼う方が増えています。

ペットフードやコスチュームだけでなく保険や医療も充実し、今やペットも家族の一員。

ロングステイ先でもペットを飼いたい、というご要望ももっともですね。

ここでは、私が去年ジョホールバルで見聞したペット事情をお知らせします。

 

マレーシアはイスラム国家、イスラム教で犬は汚れた動物

マレーシアはイスラム国家、イスラム教で犬は汚れた動物とされていることをご存知でしたか?

 

犬に触ったらイスラム式に水で6回粘土で1回、計7回洗浄しなくてはならないとか。

中でも犬の唾液が一番汚れているので、犬になめられるのは御法度中の御法度。

ですから犬を飼うことはおろか、近づくこともイヤなのがムスリムの方たちと考えましょう。

 

ジョホールバルにもショッピングセンターがあり、スーパーマーケットではドッグフードやペットシーツなどが売られていますが、需要があるのは中華系の人にだけでしょう。インド系でもムスリムの家庭がありますから。

ジョホールバルでは犬を飼ってもよいコンドミニアムを所有、あるいは借りることは不可能と考えた方が良いです。

 

犬を飼いたい方は、中華系のオーナーさんから一軒家を借りれば大丈夫ですが、マレー系のオーナーさんからは難しいでしょう。

クアラルンプールには犬を飼うこと自体を禁止している地域もあるそうです。

 

そんな事情ですから、ジョホールバルでは犬の散歩をしている人を一回も見ませんでした。

一方で猫はかわいがられています(笑)

 

猫を飼っている家庭は身近ではいませんでしたが、オープンエアのレストランでマレー系の方が野良猫に食べ物をやっている様子はよく見ました。

日本では犬好きと猫好きで性格を分けたりはしますが、文化として犬がダメというのは事前に知識が無かったのでちょっとビックリでした。

 

マレーシアでワンちゃんを飼いたい方は、住居やマナーに配慮が必要です。

次回は、日本で飼っているワンちゃんをマレーシアに連れて行きたい場合の手続きについてお話しします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone