海外進出、ビザ、書類認証、薬事申請のご相談なら
お問合せはお気軽にどうぞ
TEL 045-451-0008

フィリピン人の雇用

ホーム>投稿>フィリピン人の雇用

【フィリピン大使館の認証】レッドリボンは廃止、アポスティーユの費用は無料です

外国で事業や投資をしていると、証明書に領事認証を受けなくてはならないことがあります。 日本にいながらフィリピン不動産を売買したりビザ申請をしようとすると、契約書のサインや証明書に、フィリピン大使館で領事の認証を受ける必要がありました。 フィリピンでは「レッドリボン」で通じるこの認証が、廃止されることになりました。 ハーグ条約の締約 2019年5月14日より、フィリピン共和国はハーグ条約の締約国になり、サインの認証や外国語で作られた証明書の翻訳には、領事認証を受けなくてもアポスティーユをつけることで良くなりました。

By |2019-10-12T02:25:05+09:002019/07/27|Categories: フィリピン人の雇用, 海外進出, 認証|

【フィリピン人の雇用】「技術・人文知識・国際業務」は高度な人材。労働基準法ギリギリでは待遇低すぎです。

今やフィリピン人就労者の雇用に避けては通れないOEC(Overseas Employment Certificate)ですが、フィリピン国内でも認知されてきたようです。 POEAとPOLOの手続についての記事はこちら↓

【フィリピン人の雇用】最新情報 第一号!特定技能の覚書がフィリピンとの間で署名されました

外務省によると、3月19日(火)に東京においてフィリピンと日本との「在留資格『特定技能』を有する外国人材に関する制度の適正な実施のための基本的枠組みに関する協力覚書」(タイトル長!)の署名が行われたそうです。 外務省のサイトはこちら(日本語) (英語) 覚書の目的 この協力覚書は、特定技能外国人の円滑かつ適正な送出し・受入れ の確保(特に、悪質な仲介機関の排除)並びに特定技能外国人の送出

【フィリピン人のビザ】直接雇用 認定証明書の期限が過ぎてしまったら?

フィリピンのお土産をいただきました おかげさまで昨年12月からこの1月にかけて、これまでサポートさせていただいたフィリピン人社員さんが、続々と入国されました。 技能実習生、マーケティング担当者、エンジニアさんなどです。

【フィリピン人の雇用】速報!直接雇用の手続き検討中の方必見、POLOの新しい書式

フィリピン人雇用のご相談を多くいただきます。 フィリピン国は海外で働く自国民を守るため独特の政策をとっており、その一つが、各国にあるフィリピン海外雇用庁の出先機関(POLO)による雇用書類のチェックです。 こちらもご覧ください↓

By |2019-10-12T02:25:06+09:002019/01/31|Categories: お客様事例, ビザ情報, フィリピン人の雇用|

【フィリピン人のビザ】兼新年のご挨拶

Wework OCEAN GATEの様子 あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりました、今年度もどうぞよろしくお願いいたします。 Weworkに入居しました

By |2019-10-12T02:25:06+09:002019/01/05|Categories: フィリピン人の雇用, 業務サービス関連|

【フィリピン人の雇用】POLOの手続き、認定エージェントについて

フィリピン人雇用のご相談をいただくことがよくあります。 以前は知人から紹介されたフィリピン人の方を、社員さんとして直接雇うことができましたが、現在ではフィリピンのPOEA(フィリピン海外雇用庁)認定のエージェントを通さないと、雇用できなくなっています。 POEAの認定エージェント(Recruitment Agency)は、こちらから検索できます。 ところが、現在進行中の案件でこのRecruitment

【フィリピン人の雇用】POEA(フィリピン海外雇用庁)とPOLO(フィリピン海外労働事務所)の手続き概要

ビジネスの国際化や多様化、国内の人出不足を理由に、外国人を雇用したいというご相談をよくいただきます。 フィリピンの方は明るく協調性があって英語も堪能なので、フィリピン人を雇用したいという社長さんは多くいらっしゃいます。 またフィリピンの方にとって日本は、同じアジアの中の先進国として人気があるようです。 しかしフィリピン人を雇用する場合、他の国と違って独特の手続きが必要になります。 フィリピン海外雇用庁