ブラジル

 

ワールドカップにちなんで、ブラジルネタを。。。

W杯で注目の国、ブラジル。

リオのオリンピックも控えていますし、一度は行ってみたいですね。

 

先日、お客様よりブラジル永住ビザのお話をうかがいました。

在ブラジル企業の役員、幹部社員の方は、永住ビザの申請が必要だそうです。

今回は、申請につかう犯罪履歴証明書の受取をご依頼いただきましたが、興味があって下記調べてみました。

 

ブラジル観光ビザ

日本人がブラジルへ行こうと思うと、観光目的であってもブラジル大使館にビザの申請が必要です。

ブラジル大使館HPによると、申請料は3,000円。

ご本人か、登録した旅行会社、またはご家族による、来館しての申請のみ受付けるそう。

郵送ではダメってことです。

 

ちなみにブラジルの領事館は、東京、浜松、名古屋にあります。本州に集まっているのですね。

それぞれの領事館には管轄があり、浜松が静岡県のみ、あとは東京が静岡より東全部、名古屋が静岡より西全部を担当しています。

申請書類がそれぞれの領事館によって異なる場合があるため、確認が必要ですね。

 

観光ビザを取得後、90日以内にブラジルに入国しないと無効になってしまいます。入国後は90日間滞在できます。

観光、永住ビザの他にも、商用や一時滞在、通過ビザなるものもあります。

また、観光ビザの提出書類には、約25万円以上の預金残高証明や帰りのe-ticketなども必要で、どこの国でも外国人の出入国については厳しいな~という印象です。

 

アメリカ観光ビザとの比較

でも、25万円という金額が明記されているのは、ある意味親切と言えます。

アメリカ観光ビザは「旅行に必要な経済的基盤があること」といった、あまり明確で無い定義をしていますからね。

ビザが下りるかわからないので航空券の予約はしないように、といいながら、旅程を申請書に入力する欄があります。

ある程度訪問先の都市や日程、目的などは決めて、航空券を購入する前にビザを取得する流れで、私はご案内しています。

 

ブラジルビザは、指定の旅行会社を通じて行えば、申請が却下されることは少ないのかな、と言う印象です。

 

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone