フィリピン大使館サイトより引用

行政書士の横山です。

最近、「こちら領事館じゃないんですか?」とか「領事館に電話がつながらないので、こちらで教えてもらえるかと思って」とかで、当事務所へお電話をいただきます。

「フィリピン領事館 大阪」で検索すると私のブログ記事があったので、ちょっとかけてみたという方もいらっしゃいました。

行政書士の横山です。 先日、大阪のフィリピン領事館に行く機会がありました。 名古屋にお住まいのご家族の手続のため、領事館にご同行することになりました。 フィリピン領事館大阪の管轄地 もともと名古屋の弁護士さんのお手伝い案件で、当初は私も弁護士さんも、東京の領事部で手続...続きを読む

領事館と間違われたり、頼りにしていただけるのは大変光栄なのですが、お客様としては目的が果たせていないわけで(汗)。

大阪のフィリピン領事館のHPには電話番号がありますが、なかなか電話にでてもらえないのも事実です。きっと忙しいんでしょうね。

HPには、パスポートの更新の必要書類や注意点はちゃんと書いてありますが、英語なので見づらいところもあるのだと思います。

電話が通じなくてお困りの方のために(公的にアナウンスされている範囲内で)フィリピンパスポートの更新についてお知らせします。

申請者の分類

分類としては、

  • 初めてパスポートを申請する人
  • すでにパスポートをもっていて更新する人
  • パスポートを紛失したり期限が切れてしまった人

の3とおりの申請者様がいらっしゃいますが、ここでは件数の多いと思われる更新手続きについてのみ、ご案内します。

紛失や期限切れの方は、本国からNBIクリアランス(いわゆる無犯罪証明書)等の取り寄せが必要ですので、こちらをご確認ください。

申請要件

  • ご本人が申請に来ること
  • 現在のパスポート
  • 申請書(DLもできますが領事館に行けば書式があると思います)
  • 930円分(ゆうパック料金)の切手を貼り、ご自分の宛名を書いた返送用封筒(※郵便局のレターパックプラスでも良いと思います)
  • 申請料金7,800円
  • 現在のパスポート(顔写真のページ)と、在留カード(記載がある方は裏面も)のコピー

※緑色、茶色のパスポートをお持ちの方は、上記に加えて、PSA(NSO)発行の出生証明書や婚姻証明書が必要。

※氏名の変更があったり、未成年の方には別途要件があります。

申請方法

大阪の領事館に直接申請に行くほか、出張サービスを利用することもできます。

2017年度の予定では、名古屋、岐阜、広島、福岡、鹿児島に出張するようですね。

↑こちらの画像は、フィリピン領事館大阪のFacebookページから取得したものです。

Facebookページには申請書の書式やパスポート更新者の受付リストがアップデートされているので、フォローされると良いと思います。

出張サービスの受付リストには、事前に書類を準備してFAXしないとのせてもらえないようなのでご注意ください。

発行までの期間

6~8週間とされていますが、何事も余裕をもって申請されることをおすすめいたします。

 

以上は2017年4月1日時点の情報です(決してエイプリルフールではないのでご安心ください)。

領事館の業務は予告なく変更される場合がありますので、その点をご留意いただきご参照ください。

最後までお読み頂きありがとうございました
もしこの記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone