外務省によると、3月19日(火)に東京においてフィリピンと日本との「在留資格『特定技能』を有する外国人材に関する制度の適正な実施のための基本的枠組みに関する協力覚書」(タイトル長!)の署名が行われたそうです。

外務省のサイトはこちら(日本語) (英語)

覚書の目的

この協力覚書は、特定技能外国人の円滑かつ適正な送出し・受入れ
の確保(特に、悪質な仲介機関の排除)並びに特定技能外国人の送出
し・受入れ及び日本国での在留管理に関する問題の解決のための基本
的枠組みを定めることにより、フィリピンから日本国への特定技能外
国人の送出し及び受入れの円滑かつ適正な推進を通じて特定技能外国
人の双方での保護を促進するとともに、本制度の適正な運用のための
協力を通じて両国間の相互の利益を強化することを目的とする。

ざっくりまとめると

1.特定技能外国人の円滑かつ適正な送出し・受入れの確保(特に、悪質な仲介機関の排除)

2.特定技能外国人の双方での保護を促進

3.両国間の相互の利益を強化

が覚書の目的です。

適正な(proper)という言葉が3回、円滑かつ適正な(smooth and proper)は2回も繰り返されているのが印象的。

よほど「悪質な仲介機関」や「日本国での在留管理に関する問題」が多かったのだろうと、想像してしまいます。

担当省庁

日本では、外務省、法務省、厚生労働省に加え警察庁も、所轄省庁とされています。

フィリピンではPOEAが主な窓口として、日本においてはPOLO東京が契約書を含む雇用書類の験証を行うとされています。

やはりPOLOは関与し続けるようですね、フィリピン人雇用の手間と費用と時間がかかるのは変わらないようです。

POEAとPOLOについての記事はこちら↓

ビジネスの国際化や多様化、国内の人出不足を理由に、外国人を雇用したいというご相談をよくいただきます。 フィリピンの方は明るく協調性があって英語も堪能なので、フィリピン人を雇用したいという社長さんは多くいらっしゃいます。 またフィリピンの方にとって日本は、同じアジアの中の先進国とし...続きを読む

また、フ ィ リ ピ ン 海 外 労 働 者 国 民 再 統 合 セ ン タ ー(National Reintegration Center for OFW)という役所が、特定技能外国人の帰国後のケアにあたるそうです。

帰国した人の再就職や社会への復帰をサポートする役所が存在するなんて、手厚いですね。

特定技能「介護」受入れへ

「介護」のカテゴリーでは、他国に先駆けてフィリピンのマニラにて、4/13、4/14両日に技能試験が行われる予定です。

フィリピン政府はこの新しい在留制度で、合計10万人のフィリピン人就労者を日本に送るつもりらしいので、POLO東京もさらに忙しくなるでしょう。

多くのフィリピン人就労者さんが日本で充実した生活をしてくれるよう、就労者と雇用主の双方の支援をしていく所存です。

 

本記事の無断複製、転載、転用、配布は、固くお断りいたします。

最後までお読み頂きありがとうございました。この記事が参考になりましたら、この記事を共有していただけると嬉しいです。
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email